子どもの教育費を考慮してプランを立てる

注文住宅の購入は人生のマネープランのバランスを考えて

人生の中で大きな費用がかかるのは何か?と考えてみると、家を購入するための住宅資金、退職してから老後、生活していくための老後資金、さらに現代大きくなっているのが教育資金です。注文住宅を購入する際には、お子さんがまだ教育費用を必要としている年代にローンを支払っていくことが多いため、注文住宅を購入する・建築するときには、お子さんの教育資金とのバランスなどもしっかり考えなければなりません。

結婚してから注文住宅頭金の貯蓄をはじめ、その間にお子さんが誕生、お子さんが小学校に上がるくらいで家をもち住宅ローンを組んだ場合、住宅ローンの支払い中に子供の熟費用、その他習い事の費用、さらに受験費用に大学にかかる費用などが入ってきます。頭金をなるべく早くから貯蓄し始め大きな金額にできれば、その分、教育費用がかかる時期の住宅ローン支払いを低めに設定できるでしょう。

注文住宅ローン終了は年金受給前に終わらせたい

注文住宅のローン支払いと教育費の支払いはどうしてもかぶります。都心で暮らしていれば移動に車も必要がありませんが、地方に暮らしていれば、注文住宅のローン支払い中に車のローンの支払いがかぶってくることもあるでしょう。老後の貯蓄はなかなか難しいのですが、お子さんが就職し一人だちすれば教育費用やお子さんにかかるお金が浮いてくるのです。この資金を老後の貯金として40代後半から50代で貯め始める事ができれば、老後の資金も安定します。

住宅ローンを定年くらいで払い終えるように設定できれば、定年を迎えて年金受給年代で住宅ローンもなくなり、お金の心配なく暮らすことができるでしょう。やはり、注文住宅を建てる時には、頭金をなるべく多く貯金し、教育費用がかかる苦しい年代に、なるべく住宅の月々の支払いを低くすることがポイントといえます。